TRAVELALCOsのブログ

好きなことを一生懸命、テキトーに。

【誰が知りたい】野宿に必要なモノ4つと場所選びのコツをご紹介。


f:id:travelalcos:20181218230658j:plain

 

先日、『8時だJ』の一夜限りの復活がアナウンスされましたね。先週の記事で『明日に向かって』に触れたところだったのでびっくりしました。

 

どうも、#47JOEです。

 

今回はみんな大好き『野宿』の心得を紹介したいと思います。れっつらごー。💨

 

 

用意するもの

 

f:id:travelalcos:20181218230727j:plain



  • 寝袋

 

→これは言うまでもないですね。真夏ならまだしもそれ以外の時期なら夜中は冷えることが多いですし、何より寝袋に入ることによって野宿にちょっとした安心感を与えてくれます。☺️

 

  • スリーピングマット

 

→これはあれば良い、といった感じ。とはいえ、スリーピングマットがあれば多少ゴツゴツしたところでも眠ることができますし、特に冬場は地面の冷たさで眠れないこともあるので持っていくのがおすすめです。👌

 

  • ロック(出来れば2つ)

 

→主な使う理由は荷物の固定です。ここは明らかにやばい…という場所ではバックパックごと荷物を寝袋に入れて野宿をしますが、そのほかの場合では荷物を枕にして眠りにつくのでその際にポールなどに荷物を固定する際に使用します。🗝

 

 

→なくても眠れますが、そりゃああった方がいい。そんな感じです。特に重たいものでもないので持っていきましょう。👍

 

場所決め 

 

f:id:travelalcos:20181218230608j:plain

 

公園はよく聞く野宿ポイントの一つですが僕は翌日早朝に移動を開始することが多いのであまり公園は利用しません。

 

場所選びのポイントとしては出来るだけ監視の目がある所を選びましょう。

 

交番前とまでは言いませんがある程度交番に近い所であったり近くに警備員さんがいる所を選ぶのがおすすめです。

 

注意されることもありますが、それだけちゃんと見てくれているということでもあるので僕はおすすめです。👮‍♀️

 

もしあなた騒音が気にならないという猛者ならば、是非工事現場を選んでください。

 

特に駅前の工事現場は多少うるさいものの夜中は近隣住民に配慮した比較的静かな音で工事が進行されるので工事現場で働いてくださっているおじさんたちとちょっとした会話を楽しみつつ寝床を確保するといいでしょう。👊💥

 

実際の様子

 

f:id:travelalcos:20181218230624j:plain

 

起床した際の様子がこちら。

 

f:id:travelalcos:20181218230710j:plain

 

寝袋の下にはしっかりスリーピングマットを敷きます。

これを使い始めてから劇的に野宿がしやすくなりました❗️

すごくおすすめです。

 

f:id:travelalcos:20181218230655j:plain

 

バックパックはワイヤーロックを使って盗難防止をしましょう。

ワイヤー自体がかなり細いので気休め程度にしかなりませんがないよりはマシです。🤪

 

PCやスマホ等の高価なものや財布などの貴重品は一つの袋にまとめて寝袋に入れて一緒に眠ると、万が一ワイヤーを切られても最低限の被害に止めることができるので是非やってみてください。😎

 

f:id:travelalcos:20181218230640j:plain


これもほとんど気休めです。

 

バックパックのジッパー同士をロックして少しでも盗難防止してる感を出しておきましょう。

 

ほな締めるで

 

以上が”【誰が知りたい】野宿に必要なモノ4つと場所選びのコツをご紹介。”でした!

 

これからも皆さんに色々な情報を届けていきたいと思うので、また時間があるときに覗きに来てください。💥

 

ほな、また✋

 

travelalcosをフォローする
トップへ戻る