TRAVELALCOsのブログ

好きなことを一生懸命、テキトーに。

【ビビンバやロコモコとの違いは?】日本独特の食文化『丼』について調べてみた。


f:id:travelalcos:20190625165827j:plain

 

 

丼とは

 

丼物とは、ご飯おかずを一つの丼鉢に盛った日本の料理形式の一つである。

-https://ja.wikipedia.org/wiki/丼物より引用

 

あざっすウィキペディア。👍

 

『丼』の読み方 

 

知らなかったのですが(僕だけ?🤔)この『丼』という漢字は「どん」とも「どんぶり」とも読めるみたいです。

 

要するに「丼ぶり」と書いて「どんぶり」「どんぶりぶり」のふた通りに読めるってわけですね。

 

日本で発達した独特の食文化

 

丼文化の誕生は1800年代の初頭。

 

「天丼」や「牛丼」、「カツ丼」と言った丼は江戸後期〜明治初期には既にあったんだとか。

 

今でこそ庶民だけでなく階級を超えて愛されている丼ですが当時はあまり品の良いものでは無い、もっといえば下品な食べ方とされていたよう。

 

それが何故ここまでの国民食になったのかは定かではありませんが、要するに「人間は美味しいものには勝てない」ってことなんでしょう。

 

ビビンバやロコモコとの違いは?

 

勘の良い方なら気付いたんじゃないでしょうか。

「海外にも丼に類するものあるよね。別に日本独特でもなくない?」と。

 

ビビンバ

 

f:id:travelalcos:20190625174012j:plain

 

まずビビンバに関しては「丼」というよりは、「混ぜご飯」に近いものなので丼には分類されません。

 

ひつまぶしや卵かけご飯を丼という人がいないのと同じ感じではないでしょうか。

 

ロコモコ

 

f:id:travelalcos:20190625174015j:plain

 

続いてロコモコ

言わずと知れたハワイの人気料理ですね。🌺

ハワイの人気料理…。

ハワイの…。

 

そうなんです。

ロコモコという料理はそもそもハワイの日系人によって考案されたものなのでほぼ丼みたいなもんなんです。 

 

丼との明確な違いはありませんが、必ずしも丼(どん)に入れられて提供されるという訳でもないようなので丼の親戚といったところですかね。

 

ほな締めるで

 

以上が”【ビビンバやロコモコとの違いは?】日本独特の食文化『丼』について調べてみた。”でした!

 

これからも皆さんに色々な情報を届けていきたいと思うので、また時間があるときに覗きに来てください。💥

 

ほな、また✋

 

travelalcosをフォローする
トップへ戻る