TRAVELALCOsのブログ

好きなことを一生懸命、テキトーに。

【海外旅行⑤】PARIS旅行記~凱旋門編~


どうも今週からはしっかり描きますよ!

 

#19.LILLYです。

 

昨日はエッフェル塔編についてでしたね。

 

ということで今回は

PARISの二大巨頭の一つ凱旋門

いってみよー!!

 

www.travelalcos.com

 

 

凱旋門の歴史

 

f:id:travelalcos:20190717165927j:plain

一般的に凱旋門と呼ばれることが多いフランスパリの凱旋門ですが、

正式にはエトワール凱旋門と言うんです。

これぐらいは皆さんも知っているでしょう。

 

ナポレオンが建てたといわれるエトワール凱旋門

単なる観光名所でなく、歴史的価値も高い建造物なんですね。

 

それでは秘密に迫っていきますよ。

 

エトワール凱旋門は、

フランス語では、Arc de triomphe de l'Étoile になります。

パリのシャンゼリゼ通りの西の端にある、シャルル・ド・ゴール広場にそびえています。

1836年に完成した、高さが50メートルの「勝利のアーチ」で、現在はパリを代表する観光名所になっています。

 

「勝利のアーチ」とは、

戦争や勝利し、勇猛果敢な戦士を讃え、指揮官として勝利をもたらした、

将軍や国家元首や軍隊が、凱旋式を行うために作られた門です。

発祥は古代ローマ時代まで遡るんですね。

ローマには凱旋門の遺跡が今も多数残ってるんだそう。

 

いやー勉強になりますね。。

この記事を書いている私でさえ知りえなかった事実でいっぱいです。(笑)

 

凱旋門周辺は危険でいっぱい!?

 

エトワール凱旋門が建つ、円形の広場がシャルル・ド・ゴール広場です。

この広場を中心にして、パリ市内に12本の道が放射状に延びています。

パリが世界に誇る美しい大通り「シャンゼリゼ大通り」があるんですね。

 

シャンゼリゼ大通り」日本人でも

一度は耳にしたことがあるはずです。

 

ここが意外に危険なんです。

まー海外は危険と隣り合わせなんていわれますよね。

 

実際に私が経験した危険はこちら!!

 

スリです。。

 

かなり巧妙な手口でした。

 

アジア系の大人と子供が

なにやら英語で署名してくれとまくし立ててきます。

そして書いている途中にポケットのチャックを開けてきます。

そこで財布を盗んでくるんですね。

 

私は対策していましたから、何も取られなかったですが、

初見で行けば優しすぎる日本人はカモにされるんでしょうか。

 

警察の方も多数歩いていました。

f:id:travelalcos:20190717170008j:plain

 

シャンゼリゼ大通りおすすめスポット

①LUIS VUITTON

 

f:id:travelalcos:20190717165944j:plain

 

言わずと知れたラグジュアリーブランドでしょうか。

しかも本店なんですね。

内装もかなり豪華でした。

 

テロの影響もあってか

荷物チェックから入場人数の規制とかなり厳戒態勢でした。

 

韓国人中国人が8割でした。

ここにも爆買いの波が来ているのだなとしみじみ。。。

 

②J.M. WESTON

 

f:id:travelalcos:20190717165929j:plain

ここは前回こちらの記事でご紹介いたしましたフランスの高級革靴ブランドです。

 

www.travelalcos.com

 残念ながらこちらは本店ではございません。

しかし店員さんがマジでナイスガイでした。

ローファーを試着したのですが、

ローファーに合う靴下からベルトまで簡単な英語で対応して頂きました。

いつかはPARISで個々の靴を買える人間になりますよ!

 

凱旋門の行き方・入場料!!

 

f:id:travelalcos:20190717165953j:plain



エトワール凱旋門へは、地下歩道より入場することになります。

地上はフランスのパリでも最大級のロータリーになっていて、横断歩道はありません。

死ぬほど車が走っています。

 

一度車の間をぬって、駆け抜けようかと思いましたが、

走馬灯が見えましたのでお勧めできません。

てかやらないように(笑)

 

つーことで、パリのメトロで行くのが安全です。

エトワール凱旋門の最寄り駅、

シャルル・ド・ゴール・エトワール駅(Charles de Gaulle Etoile)の1番出口、

シャンゼリゼ(Champs Elysées)方面、凱旋門(Arc de triomphe)方面から、

一旦地上へ出ます。

 

そして凱旋門の屋上は金さえ払えば登れますよ。

PARISが一望できるのでお勧めです!!

 

エトワール凱旋門の入場料金は26歳以上の大人が、12€(ユーロ)です。

18~25歳の入場料は、9€です。

18歳未満は入場料無料です。凱旋門には日本語のパンフレットも準備してあります。

18歳未満の方は、パスポートの提示が必要になります。お忘れなく!!

 

ほな締めるで

 

久々の更新楽しかったです。

次回は私が一番PARISで好きなサクレクールの紹介記事です。

 

その後はPARISになるのか、はたまた別のヨーロッパになるのか

こうご期待です!

 

このブログで海外旅行した気分になって頂いて、

ここに行きたい!と思っていただければ幸いです!

 

以上#19.LILLYからでした!

 

是非過去記事も見てください!

 

www.travelalcos.com

 

 

www.travelalcos.com

 

 

 

 

 

travelalcosをフォローする
トップへ戻る